【新製品】Markbassから真空管プリアンプMark Vintage Preが発売

2021年4月2日新製品情報

既に高い評価を受けているLittle Mark Vintageヘッドのプリアンプをベースとした、ペダルタイプの真空管プリアンプが発売されます。

(画像引用:Markbass)

基本的な仕様

  • 12AX7(ECC83)を使用した真空管プリアンプ
  • トゥルーバイパス
  • 4バンドEQ(LOW70Hz MIDLOW400Hz MIDHIGH2.5kHz HIGH10kHz)
  • 3-WAY switch (FLAT / CUT / OLD)
  • コントロール GAIN MASTER DRIVE BLEND
  • 2種類のディストーション(フットスイッチで選択)
  • 6dbのブーストスイッチ
  • Aux IN / Headphone OUT / FX LOOP
  • アウトプットにはトランス付きBALANCED DI OUT、デジタルアウト搭載

特徴

・3-WAY switch (FLAT / CUT / OLD)
これはEQプリセットとして選択することができ、スタンダードな「FLAT」、ミドルをカットしハイ、ローを強調しドンシャリサウンドを作りやすくする「CUT」、ハイを削りビンテージスタイルのサウンドを作る「OLD」という3種類のセッティングをツマミ一つで即座に選べます。

商品名と絶妙なヴィンテージ風の外見ですが、このプリアンプペダルはモダンなサウンドからヴィンテージな音まで、非常に幅広い音色を提供します。

海外では既に発売されていましたがようやく日本でも発売されることになりました。
真空管プリアンプでトランス付きDIとしても使えることからライブはもちろん自宅でのレコーディングでも活躍してくれそうです。
一つ懸念点がディストーション2種に対してフットスイッチが1つの為、ライブで使用する場合には切り替えが少し面倒かもしれません。(この点については海外のレビューでも使いにくいとの評価を受けていました)
個人的にチューブプリアンプを探しているところなので、発売が楽しみな商品です。

価格は 65,000円(本体価格)とのこと。

新製品情報