【新製品】Line6よりフットスイッチの増えたHX STOMP XLが発売

2021年4月2日新製品情報

Line6の小型ギタープロセッサーHX STOMPがパワーアップ。
高品質なマルチエフェクターとしては勿論オーディオインターフェイスとしても機能します。
価格は¥99,000(税込)となっています。

HELIX STOMPとの違い

従来のHELIX STOMPとの違いはフットスイッチの数の違いのみとなっています。
ライブ等で使いたい方はこちらのXLのほうが音色の切り替え等で便利ですね。
フットスイッチの切り替えを多用する方はSTOMP XL、切り替えをあまりしなかったりコンパクトなサイズに魅力を感じる方はSTOMPがおすすめです。

主な仕様

・Helix同様のDSP チップ/HX モデリングエンジン
・「Helix」「M シリーズ」およびLine6レガシー製品に含まれる300種以上のエフェクト/アンプ・モデル搭載
・最大8つのブロックを同時に使用可能
・カラーLEDリングを備えた8基のキャパシティブタッチ・フットスイッチ
・1/4 インチ ステレオ入出力
・TRS「エクスプレッション・ペダル/フットスイッチ」デュアル入力
・ステレオ・エフェクトループ(モノ/ステレオTRS センド、ステレオリターン)
・USB オーディイオインターフェース(マルチイン・アウト)
・ヘッドフォン出力
・MIDI(イン、アウト/スルー)
・寸法 : 68(H) × 120(D) × 316(W)mm
・重量 : 1.5kg
・電源アダプター付属

Helixのサウンドクオリティで必要十分なフットスイッチを備えた「ちょうど良い」モデルですね。
ライブで使いたい、1台でエフェクターを完結させたいって方にはおすすめです。

ただ、宅録でしか使わないのであれば個人的にはプラグインのHelixNativeで十分かなと思います。

新製品情報