初めてのコンプレッサーの選び方!種類とその特徴のお話

TIPSDTM,コンプレッサー

音作りやミックスに大事なコンプレッサーですが、たくさん種類があってどれを選んでいいのか分からない…って方も多いんじゃないでしょうか。今回はコンプレッサーの中から実機をモデリングしたアナログコンプレッサーの代表的な種類とその特徴について簡単にまとめていきます。種類にしてみるとそんなに多くないので特徴を掴んでうまくコンプを活用していきましょう!!

コンプレッサーの種類は実はそんなに多くない

たくさんのプラグインが出ていますがアナログモデリングのコンプレッサーは種類で分けると代表的なものはたったの4種類。
・FETコンプ(トランジスタ)
・真空管コンプ(チューブ)
・Optコンプ(光学式)
・VCAコンプ
もちろん同じ種類のものでも音に違いはありますが、まずはこの4種類について知ることでプラグインの購入や選択の参考になるかと思います。

FETコンプレッサー(トランジスタ)

代表的なものはUrei1176という実機のコンプレッサー。これをモデリングしたプラグインが多く、1176や76とついた名前のものはこのタイプです。上の画像もT-RACKSの1176をモデリングしたコンプです。

特徴とその用途

最大の特徴はアタック・リリースの速さとスレッショルドの設定がないことです。
アタックとリリースが速いことで、音の立ち上がりの早いドラム等にもしっかりコンプをかけることができます。
そしてスレッショルドの設定についてですが、これはスレッショルドが固定されているのでInputのつまみでコンプのかかり具合を調整します。Inputを上げることでスレッショルドに当てていくような感覚ですね。最終的な音量はOutputで調整してください。

もう1つ特徴的な部分がレシオの設定について。
VUメーター左のボタンがレシオの設定ですが、一番下のALLを押すことで1176コンプレッサーで有名なレシオ全部押しを再現できます。荒々しくがっつりコンプがかかるので使いどころを選ぶかもしれませんが…

用途としてはボーカルからギター・ベース・ドラムと何にでも使えるコンプではありますが、ナチュラルにかけるというよりはしっかりコンプをかけたい場合や1176を通したコンプでの歪やキャラクターを加えたい時に役立ちます。

真空管コンプレッサー(チューブ)

代表的なものはFairchild670やMANLEYのVariable-MUです。

特徴とその用途

真空管タイプのコンプレッサーの特徴は音の温かみとコンプのかかり具合の滑らかさ。
サチュレーションをかけたような倍音が付加されるのでほとんど通すだけのような使い方もされます。
ただしアタックやリリースで正確にコンプをコントロールしたい!っていう用途には向かないんですよね…
楽曲によりますがマスターやバスで使って音をまとめるような用途でも使われます。
勿論素材によっては単体でかけても温かみのあるキャラクターを付加できるので良いと思います。

Optコンプレッサー(光学式)

実機で代表的なものはTeletronixのLA-2Aというコンプレッサー。

特徴とその用途

見て分かる通りのシンプルなパラメーターと自然なかかり方が特徴です。
アタックやリリースが固定で遅めの設定なのでドラム等の音の立ち上がりが早くダイナミクスを調整したいっていう用途には向きません。常にかかりっぱなしで自然に音量をコントロールしたいって用途におすすめです。
所謂コンプ感が少ないのも特徴の一つです。

なのでジャンルやフレーズにもよりますがベースやストリングス、ボーカル等に向いたコンプレッサーです。

VCAコンプレッサー

SSLのコンプレッサーやdbx160、API2500等で有名なコンプレッサーです。

特徴とその用途

VCAタイプの特徴はレスポンスの早さと豊富なコントロールによる汎用性です。
上の画像にもBusCompressorと書いてある通り、ドラムや楽器をまとめたバストラックに使われることが多いです。真空管コンプでもバストラックに…と書いたのでどっちを使えばいいの?と思われるかもしれませんが一般的にコンプレッサーとしてバストラックに使われるのはこちらです。

バストラックにコンプレッサーをかける目的としてはトラック同士のまとまり感を出しバランスを整える為です。その為深くコンプをかける用途ではなく、自然にかかるようアタック遅めリリース早めゲインリダクションは2db~3db程を目安にそこから調整すると良いかなーと思います。

まとめ

・FETコンプ
しっかりとしたコンプ感とそのキャラクターで音にパンチを加えたいときに。
・真空管コンプ
サチュレーションをかけたような温かみのあるチューブ感が欲しいときに。
・Optコンプ
かけっぱなしで自然に音量をコントロールしたいときに。
・VCAコンプ
バストラックでトラック同士のまとまり感を出したいときに。

今回紹介したコンプレッサーは所謂アナログ機材をモデリングしたコンプレッサーです。
元になっている実機は実際のレコーディング等でもよく使われるものなので、どう設定したらいいか…なんて情報はたくさんネット上に掲載されています。初めてコンプレッサーのプラグインを購入するのであればこういった物を選んだほうが使い方がわかりやすいんじゃないかなと思います。

中でも特に1176をモデリングしたコンプは定番で1つは持っておきたいコンプです。個人的にもギターやベースドラム等のトラック単体に挿すコンプはほとんどこれを使ってます。

余談ですがコンプの種類を把握しておくことでプラグインの買いすぎを防げるかもしれません…
同じ1176系のプラグインをいくつも買ってしまったり、評価の高いプラグインを買ってみたら手持ちに似たようなのがあったりとか…機材好きなのでまぁ知ってても買っちゃうんですけどね。

コンプレッサーの基本的なパラメーターの役割については別記事で紹介しているのでよろしければ併せてお読みください!