SoftubeのアンプシミュレーターAMP ROOMレビュー【ベース編】

2021年6月7日プラグイン,ベースDTM,softube,アンプシミュレーター,プラグイン

Softubeから発売されているギター&ベース用アンプシミュレーターのレビューです。
プラグインプラットフォームとして別売のアンプやキャビネットシミュレーターやミキシング向けプラグインもAMPROOM上で使うことが出来るので、既にSoftubeのプラグインを利用している方は1つのプラグインで音作りを完結させられるのが良いですね。
今回はAMPROOM単体でベースで使うにはどうなのかという点をレビューしたいと思います。

ベースで使うにはどうなのか

正直アンプやキャビネットの種類は少ないけどCustom DI DirectInputがすごく便利でこれだけの為に立ち上げる事もあるくらい。どう便利かっていうとLINE直のカリカリとした薄い音がこれだけでもっちりした太い音になるんですよね。

こんな感じの見た目でLOW&HIGHのカット、TONE、リミッターとシンプルな仕様。
このTONEをFATに回すともっちり太く、THINに回すと薄くてカリっとした音になります。

前半がFAT方向に少し回した状態で後半がTHINに回した音。今回もジャズベース使用。

良くないですかこれ!手軽に太い音が手に入っちゃいます。
THINは正直使い道が分からないけどパワーがありすぎるようなベースだと役立つのかな。

アンプの種類

ベース用として使えるアンプはなんと1種類。少なっ!
CUSTOM100Wという名前のアンプで、公式には何のモデリングかの記載はありませんでしたが名前や紹介文を見る限りHIWATTのDR103 CUSTOM100なのかなーと思います。違ってたらゴメンナサイ。

GAINがLOWとHIGHで選べるけどこのアンプで歪ませるとちょっと潰れたようなブーミーな音になってしまうのであまりオススメしません。EQの効きは素直で、これ自体がそんなに癖のない扱いやすい音です。

サンプル音源はBASSとTREBLE11時、MIDDLE1時に設定したもの。

先ほどのCUSTOM DIでFATに回した時と似たような系統の音ですが、若干広がりのあるような音に感じます。出てる帯域の問題なんですかねー。

キャビネットの種類

キャビネットの種類は3種類。
Ampegの8×10とMarshallの1960B(4×12)、それと元ネタの分からない12インチ1発のオープンバックキャビネット。
で、このキャビネットの仕様がちょっと特殊でマイクの距離が選べるキャビネットと、マイクの種類が選べるキャビネットがそれぞれにあります。

画像はキャビネットを並べてるだけなので片方だけを使うことも勿論できます。
並べてもキャビシミュを2つ通したような違和感はなかったので片方だけ使うか両方使うかは好みで選んで良さそうです。

サンプルは先ほどのCUSTOM100Wの音にアンペグのキャビを使用(マイクは左上のSM57?で位置はセンター)

ラインっぽさが更に消えて太くてアンプを通したような空気感のある音ですね。
これと比べるとMashallはちょっと高域を持ち上げたような音、12インチのオープンバックはローがちょっと物足りない感じの音でした。

その他エフェクト

アンプ以外ではコンパクトペダル10種とラック3種、その他ユーティリティー8種のエフェクトが付属しています。

(画像引用:Softube)

こちらはコンパクトペダル10種で、内訳はディストーション2種オーバードライブ2種、コンプレッサー、ノイズゲート、グラフィックイコライザー、リバーブ、コーラス、ディレイとなっています。
割りとギター向けなペダルですが音作りによっては使えるかもしれません。

こちらはAPIの名機をエミュレートした扱いやすいコンプレッサーと4バンドのイコライザーです。それとROOMIRが1つ。コンプとEQはミックス時にかけると思いますが、どちらも品質の良いエフェクトなのでここでかけてしまっても良いかもしれません。
ROOMIRはIRを利用したリバーブで、5つのROOMから選ぶことができます。

最後のユーティリティーとして8種類。
左からハイシェルフフィルター、ローシェルフフィルター、PAN&ボリューム、ゲイン&ミュート、ハイカット、ローカット、位相反転、ショートディレイの8種となります。
音作りに積極的に使うエフェクトというよりはあったら便利なお役立ちエフェクトって感じですね。

まとめ

正直に言えば音作りの幅は狭いです。ベース用のプラグインとして見ちゃうとアンプ1種、DI1種、キャビネット3種にその他エフェクトって感じで少ないですしね。ただ、その1個1個は流石Softubeというかクオリティーは高いです。
癖があまりない分ベースやその他機材の質がそのまんま出てしまう印象なので、手持ちの機材と相談しつつ買うのが良いかもしれません。ベーシックな音作りで品質の高いプラグインが欲しいって方にはオススメです。

当然ですが今回はベース向けのレビューなので今回紹介した他にもギター向けのアンプやキャビネットもプラグインには含まれています。お値段は¥14,900とベース用途だけで考えると微妙なとこですが、ギターにもベースにも使えると思えばむしろ安いほうかなーと思います。

今はAmplitubeやBIAS、HELIXの有名所以外にもたくさんのアンプシミュレーターがプラグインで販売されていて購入するのに色々迷うんじゃないかなーと思うので、この記事が誰かの参考になれば嬉しいです。

 Softube AMP ROOM
created by Rinker