【フリープラグイン】TSE Audio BOD レビュー【Amplitube5との比較音源あり】

2021年3月3日ベースDTM,フリープラグイン,無料

ベースプリアンプの大定番であり誰もが一度は使ったことがあるんじゃないかってくらい有名なSansampBassDriverですが、これをシミュレートしたフリープラグインのTSE AUDIO BODを紹介します。

TSE Audio BOD レビュー

もう見た目からまんまですね
本家のベースドライバーは今はV2という2代目になりミドルがいじれるようになっていますが、こちらは初代のミドル無しのシミュレートになっています。
気を付けて欲しいのがBLENDのつまみについて。
右に回すほど原音がブレンドされるようになってるので、通常と逆になります。

早速ですが以下3つの音源を聞いてみてください。
オーディオインターフェイスにジャズベースを直接繋いで録っています。

①LINE直でエフェクトをかけてない素のサウンド

②DRIVE3時 LOW HIGH1時 PRESENCE2時の軽く歪ませたサウンド 

③DRIVE9時 LOW HIGH PRESENCE1時でしっかり歪ませつつBLEND12時ぐらいの原音を混ぜたサウンド

②の軽く歪ませてプレゼンスを上げたときのジャリっとした高音はSansampっぽい音だなーと思います。
低音のゴリゴリ感は少し物足りない気もしますが、十分に使える音です。

Amplitube5のAMPLESSと比較

Amplitube5の通常版に含まれているSansampシミュレートのストンプ。これもミドルのない初代。
セッティングはつまみの位置をBODと同じように設定して比較しました。

BODの②と同じ軽く歪ませたサウンド

BODの③と同じしっかり歪ませつつ原音を混ぜたサウンド

締った低音のゴリゴリっとした感じが気持ち良いっす。歪み方はBODと比べると大人しい印象。

総評

フリープラグインのBODとAmplitube5に含まれるAMPLESSを比較しましたが皆さんはどっちが好みでしょうか。
僕はどっちが本物っぽい?って聞かれたらAMPLESSっていうけどどっちが良い音?って聞かれると正直迷う
タイトなリフを弾くなら個人的にAMPLESSを選ぶけどそれ以外だったら好みで使い分けできるレベル
歪み方が結構違うから、それが曲に合うかどうかで選択するのがいいかもしれない。
そもそもAMPLESSは有料のプラグインの一部で、BODは無料なんですよね…このクオリティーで無料ならとりあえず全ベーシストはダウンロードしておいたほうがいいレベルです。
ダウンロードは簡単なので以下で説明します

TSE Audio BODの導入方法

公式サイトからダウンロードしましょう
TSE BOD v3.0.0
Windows版とMac版それぞれあるのでOSに合わせてダウンロードしてください。
Windowsは対応が8までになってますが、Windows10環境で問題なく使用できてます。

ダウンロードしたzipファイルを解凍してTSE BOD v3.0.0.exeを実行すればあとは画面に従ってインストールするだけです。32/64bitのどれをインストールするか選択できますが、もし分からなければ容量が大きいわけではないのでフルインストールしてしまって問題ないです。

その他ギター向けにはなりますが、TSE AudioにはTubeScreamerRATのシミュレートプラグインも無料で配布されてますので、気になる方はこっちも試してみてください!

こっちはまだ試してないので今度試して良かったら紹介してみようと思います!