ベース用ピックアップ DELANO JMVC 5 FE/M2レビュー

ベース,レビュー5弦ベース,ピックアップ

普段使用している5弦ベースBacchus WOODLINE517のピックアップを交換したのでその比較をしつつレビューしていこうと思います。元のピックアップとの比較音源もあるので良かったら見ていってください。

ピックアップ交換を考えだした理由

元のピックアップの音はどちらかと言うとカリカリっとした硬質な音でした。もう少し丸みのあるローミッドが欲しくてピックアップ交換を検討し始めたんですが、5弦ベースのピックアップって4弦と比べて規格が統一されてない分サイズがバラバラなんですよね。その中でどうしようかなーとしばらく悩んでいたのですが、結果的に選んだのはそもそもシングルコイルじゃないDELANO JMVCでした。

DELANO JMVC 5 FE/M2について

HPに載っている通りシングルコイルではないのでそこだけ注意。
ASとの違いはサイズの違いです。
公式によると特徴はパワーのある低音と温かみのあるローミッド、クリーンでレスポンスが早いミドル、ダウンチューニングでも鮮やかな高域とのこと。
自分の演奏するジャンルとしてダウンチューニングでも合うって部分に惹かれてJMVCを選択しました。

ピックアップのサイズ問題から検討していた候補

DELANO JMVC5 FE/M2のサイズが
・ネック 幅92mm ネジ間38.2
・ブリッジ 幅95mm ネジ間40.1mm

検討していた他の候補
AGUILAR AG 5J-60CL
・ネック 幅94.7mm ネジ間40mm
・ブリッジ 幅94.7mm ネジ間40mm

BARTOLINI 59S72 L/S
・ネック 幅91mm
・ブリッジ 幅94mm

ちなみにDELANOのJMVC5はネック側のネジ間が元のピックアップより狭かったので取り付けの際にピックアップカバーを少し削って加工する必要がありました。BacchusWOODLINE517のネック側ピックアップはネジ間40mmだったのでおそらくAGUILARだったら加工せず取り付けが出来ると思います。

変えた結果(比較音源あり)

比較音源を用意したので良かったら聞いてみて下さい。
指弾き→ピック弾き→スラップを純正→DELANOの順で交互に弾いてます。
ベース→DI→オーディオインターフェイスで繋いでいてEQ等のエフェクトは何もかかってません。

①ドラムトラックあり

②ドラムトラックなし

最後のスラップのプルの音が一番違いがわかりやすいかもしれません。
全体的にローミッドが出て音が太くなったのと、まとまりがあるように感じます。
かといってハイが落ちた感じもそこまでしないので個人的に良い方向に変わってくれて良かった。
音とは関係ないけどこのでっかいポールピースの見た目も格好良いんすよね~

まとめ

そのままの音ももちろん凄く良かったんだけど歪ませたときの歪み方もなんか芯が残った音に感じていて、ローミッドが出てるせいなのかまだハッキリ分からないんだけどそれも良かった点です。
基本的に少し歪ませた音が好きなので嬉しいところでした。
今後使っていくうちにピックアップの高さのセッティングを詰めたりだとかエフェクトをかけた時の変わり方とかそのへんも後日追記しようかと思います。

ピックアップはエフェクターと違ってなかなか試すのも難しいのでこの記事が何かの参考になれば嬉しいです。

DELANO JMVC5 FE/M2 5弦ジャズベース用ピックアップ