【DIY】モガミ2534でケーブルを自作した話

ギター,ベースDIY,ケーブル,シールド

先日DIとオーディオインターフェイスを繋ぐケーブルでXLR-TRSのケーブルが必要になりまして、ピックアップの交換とかではんだ付けしてるし自作出来るんじゃない?とふと思い立ってやってみました。
その時の記録を記事として残しておこうと思うので、興味のある方はやってみてください。
ピックアップ交換よりも簡単ですし自作だと安い。

XLR-TRSバランスケーブルを作る

使用した物
・MOGAMI2534 好きな長さで
・NEUTRIK(ノイトリック) NP3X(ステレオフォンプラグ)
・NEUTRIK(ノイトリック) NC3FXX-BAG(XLRメス)

材料はコレだけ!あとは作るために必要なものとして、はんだこてとはんだです。
被膜を剥く為にワイヤーストリッパーがあると楽ですが、慎重にやればニッパーとかカッターでも出来ます。

※注意点としてバランスケーブルを作る場合にはフォンプラグはステレオのものを選んでください。

作り方

まずはケーブルを好きな長さに切りましょう。
少し長さに余裕を持って切っておくと仮に失敗しても安心です。

次にコネクタープラグ類を開封して先にケーブルに通しておくパーツを忘れずに通しておきましょう。

こういうやつ。
画像では被膜を既に剥いてしまってますが、剥いてから通すと大変なので一番最初に確認してください。
通し終わったらケーブルの先を剥きます。どれくらい剥くかは使うプラグによって多少変わってくるので、メーカーで推奨されてる長さがあるならひとまずそのとおりに。
NEUTRIKのNP3Xは確認してみると以下の通りでした。

※T=チップ=HOT R=リング=COLD S=スリーブ=GND

被膜を処理していくとこんな感じに。

長さの説明読み飛ばして処理していたので後ほど青色を短くしています。
モガミ2534は4芯ケーブルなので、白2本・青2本のケーブルが中を通っています。白をCOLD、青をHOTに繋いでいきます。
どっちをHOTに繋ぐのか?っていう場合に細かい理由はわかりませんが有色をHOTに繋ぐのが一般的のようなのでそれに倣って青をHOTに繋いでいます。

はんだ付けしやすいように青同士、白同士でまとめておきましょう。
写真ではちょうど隠れてしまってますが、この4芯の周りを覆っていた銅線もねじってまとめています。

まとめて予備はんだしておきます。
ちなみに4芯以外に中に何も通ってない透明なチューブが入っていますが、それは根本からカットしてしまって大丈夫です。

接続先にも予備はんだ。
予備はんだしておくことで合わせてはんだごてを当てるだけで繋がってくれるので作業が楽になります。
プラグはエフェクター等に差して固定しながら作業するとやりやすいです。

HOT、COLD、GNDにそれぞれ繋いだらあとはプラグのパーツを被せていくだけ。

これで完成。

XLRメス側の処理 NC3FXX-BAG 

XLR側は上の画像の通りなので1番に銅線、2番に青、3番に白を繋げていきます。
これも先程と同じようにエフェクターにコネクターを繋げながら処理するとやりやすいです。

こちらはそれぞれの長さを調節する必要がない上に配置が見やすいのでTRSプラグよりも簡単です。

これで完成。

かかった費用は?

・MOGAMI2534 約1M ¥180
・NEUTRIK NP3X(ステレオフォンプラグ) ¥500
・NEUTRIK NC3FXX-BAG(XLRメス) \520

合計¥1200

正直安いけど手間も考えたらそこまで…って感じですかね。
勿論プラグをもう少し安いのに変えるとか色々選択肢はあるのでそれ次第。

そもそも自作のメリットって好きな長さで好きなケーブルで好きなプラグで作れるところだと思うので、そういうのに興味がある人にオススメしたい。僕は今回初めてケーブルを作ったけど、慎重にさえやれば難しい作業ではないと思います。

アンバランスケーブルの作り方(一般的なギター・ベース用シールド)

ついでに作ったギター・ベース用のシールドもせっかくなので作り方を記録しておこうと思います。

こちらで使用したのはモガミ2534とAmphenolのACPM-GN(¥250)

先程のバランスケーブルと違いプラグ側に接続するのは2箇所しかありません。

COLDどこいったの?ってなると思いますが、COLDの白は銅線とまとめてGNDに繋がっています。
なので白は根本から剥いて銅線と一緒にしちゃいましょう。

これも事前にケーブルに通す部品を忘れないように注意。
はんだ付けが終わったら根本金属部分でケーブルが動かないように締めておきましょう。
部品を被せたらこれで完成。

繋ぐのが2箇所しかないのもあってこちらのほうがちょっとだけ簡単。
費用は2mを2本作って1本あたり860円
バランスケーブルよりもプラグの価格の面で安くおさまりました。

まとめ

好きなケーブル好きなプラグで好きな長さが作れる!!
これだけで自作する価値はあるんじゃないかなーと思います。

今回モガミ2534を選んだ理由としては安くてバランスの良い癖のないケーブルだから。
個人的にケーブルやシールドに特徴って求めてないんですよね…
昔高級シールドって何が違うんだろう!と思ってベース用のモンスターケーブルを使ったことがあるんですが、ケーブルで音に特徴をつけられる事になにか違和感を感じてしまって。そこからはずっと癖のない物を選び続けています。
正直好みの部分なので絶対に○○!って話ではないんですけどね。

というわけでケーブル自作初心者な僕ですが慎重にやればそんなに難しいものではなかったので、こういった事に興味がある人はぜひ試してみてください。はんだ付けに慣れておけばギターやベースのピックアップの交換だったり電装系の部品交換等にも役立つので覚えて損はないと思います。