【SDX】SuperiorDrummer3 DEATH&DARKNESS レビュー【メタル】

プラグインDTM,SD3,ドラム音源

SD3のメタル向け拡張音源を買ってしまった…!!
DEATHとDARKNESSっていう2つのライブラリが1つにまとまっていてなんか凄くお得感のあるSDXです。
拡張音源とはいいますが、純粋に使えるキットが増えるよってだけじゃなくて録られてるスタジオ自体そもそも違うし担当してるプロデューサーも違うんですよね。拡張音源を買ったっていうより新しい音源を買ったような感覚です。

メタル向けSDXの種類

レビューの前にSDXについてちょっとだけ触れますが、ToonTrackから発売されているSDXにはメタル向けの音源が3種類あります。
・THE METAL FOUNDRY
・THE PROGRESSIVE FOUNDRY
・DEATH & DARKNESS
個人的には今回レビューするDEATH&DARKNESSがオススメ。前2つに関してはこれSuperiorDrummer2の頃のライブラリなのでちょっと古いんですよね。古いからダメとかではないし音の好みもあるとは思うんですが、今からどれか買うなら値段も変わらないし迷ったらDEATH&DARKNESS買うのが良いんじゃないかなーと思います。

DEATHについて

SD3のコアライブラリーと比べてみてまず気づくのがシンバル類やバスドラムが増えていてそもそもキット配置が違うんですよ。スプラッシュも2枚置けるようになってるし全部使うかどうかはさておき表現の幅が増えてます。

肝心の音はこんな感じ。プリセットからBB Ocean Blueを使用。

どのキット使ってみても思うのがコアライブラリーをメタル向けにミックスするよりも圧倒的に良いし楽です。
当然なんですがメタル向けに作られてるので収録時の音が既に違うんですよね…
コアライブラリーでもやれないわけじゃないんですが手間だったり音色の幅って意味でも専用の物には勝てないなーって思います。

DARKNESSについて

謎のプールとアヒルがインパクト大なDARKNESS
こちらもシンバル類は増えていますがバスドラムは1つ。

こちらも早速音を聞いてみてください。プリセットからThe Aarhus Abyss kit1です。

メタルっていう大枠で言えば音の傾向は似てると思います。
ただ、主観ですがDARKNESSのほうがメタルコアやDjentに合いそうなクリアでタイトな音なのに対して、DEATHが自然な反響のある暖かみのある音だったりとか、細かく使い分けできるように2つのSDXが上手く作られてるなーって印象。

その他2つの違い等

ドラムセットの配置自体がそもそも違うっていう話を最初にしましたが、実際には当然ですがマイクも違います。
例えば細かいところでいうと、コアライブラリーはキックに対してのマイクがin・out・subの3種類だったのに対してDARKNESSはin・outの2種、DEATHはCond(コンデンサー)・Dyn1(ダイナミック)・Dyn2・Subの4種だったり。勿論OHやアンビエンスの録り方も違うのでこれらの混ぜ方によってDEATHとDARKNESS間の差も結構出てくるんじゃないかなーと思います。
こういう面も含めてやっぱり拡張音源っていうより良い意味で別のドラム音源を買った感覚なんですよね。

その代わりマイクの混ぜ方とかまた1から考えないとなーってところはありますがこれもまぁ最初だけというか慣れなのでぼちぼちいじっていこうと思います。

まとめ

メタル系の音が欲しいなら買ったほうがいいです。
自分はコアライブラリーでもまぁなんとかなるか…と思ってしばらく買わずにいたんですが最初に買っとけばだいぶ楽になってたなーと思います。
これに限らず専用の音源ってやっぱり良いんですよね。ギターやベース等でもそうですけど録り音って凄く大事で、ミックスで無理矢理別の音にするのも出来なくはないけど音の良さを考えたら最初から方向性の合った音をいじったほうが断然良いです。
コアライブラリーでも十分に良いSD3ですが、自分の主に作るジャンルの専用音源は1つ持ってると良いんじゃないかなーと思います。

そんなわけでしばらくいじり続けてからDEATH&DARKNESSの音作りに関しても今後触れていこうと思いますのでよろしくお願いします!