【ドラム音源】AddictiveDrums2 レビュー【手軽に良い音】

2021年3月3日プラグインDTM,ドラム音源

DTMを始めてDAWソフトを購入し、付属の音源で生ドラムのキットを鳴らしたとき、絶望したことありませんか?
最初に買うべき音源はドラム音源だと言われているのを耳にして実際自分もそうだったなぁって懐かしい気持ちになりました。
ということで数あるドラム音源の中でも手軽で初心者向けと言われるAD2を紹介したいと思います。
StudioOne付属のドラム音源との比較サンプルもあるので見ていってください。

DAW付属のドラム音源ってどうなの?

これはDAWにもよると思いますが、早速以下サンプルとなりますので聞き比べてみてください。
StudioOne付属のIMPACT XTを使用した音源とAddictiveDrums2の比較です。

①IMPACT XT - TM PopRockKit

②AddictiveDrums2 - AD2 AcousticPop

どうでしょう。こんなに違うなら欲しくなりませんか?
そもそもドラムの細かい表現はIMPACTではできません。何故なら音色が限られているから。
例えばハイハットひとつとってもIMPACTはクローズオープンフットの3つなのに対して、クローズハイハットが開き具合による音色違いで2種、それぞれ叩き方2種の4種+ベル(カップのとこ)の音。オープンも開き具合で4種+ベル、ペダルを踏んだとき離したときの音でAddictiveDrums2は計12種と細かいです。

作曲するにしてもアーティストの曲のコピーをするにしても表現の幅が広がるのでドラム音源は1つ専用のものを持っておきたいですね。
そもそも生ドラムのレコーディングってハードル高いですし、打ち込みでドラムを再現できるってだけで楽しい。


じゃあ付属音源より専用のドラム音源のほうがいいのは分かって貰えたと思うので、AddictiveDrums2がオススメな理由を次に紹介していきたいと思います。

AddictiveDrums2がオススメな理由は手軽で良い音だから

AD2が初心者向けだと言われる理由はいくつかあると思いますが「手軽で良い音だから」これに尽きるほんと。
難しいことしなくてもプリセット開いて鳴らせばすぐにかっこいい音が出るんですよね。なんでかっていうとAD2はプリセットの状態でコンプやEQなどの処理ががっつりされてるから。派手な音って言う人もいますがぱっと聞いてなんかかっこいいね!ってなる音です。
それとMIDIデータも充実してるから打ち込みしたことないよ!って人もすでに打ち込まれたデータを参考にしたり、そのままトラックに貼り付けて使うこともできます(これは大抵のドラム音源がそうだけど)

音作りに悩むよりも制作に集中したい人や、ドラムの音作りやミックスがまだよくわからない人はとりあえずAD2を買おう。

AddictiveDrums2のデメリット

これをデメリットと言うのか悩むところではあるけど、メリットでいう手軽で派手な音っていうのが人によってはデメリットになるんです。打ち込みも細かくベロシティー弄って音作りも生ドラムのミックスのように自分でコンプかけたりと細かく行いたい方にはAD2よりもBFD等の大容量音源が向いてるんじゃないでしょうか。

良くAddictiveDrumsっぽさを消すためにコンプなどの内部でかかってるエフェクトを消して生ドラムのような手法で音作りをすればもっと良くなります!みたいな使い方を見るんですが、それするならそもそもAD2じゃなくていいかなって個人的には思っちゃうんですよね…
これは個人の好みだし、AddictiveDrumsっぽさって製作者側は気付いても一般のリスナーの方は気付かないと思うし。気にしすぎるのも良くないから手軽でかっこよくていいね!ってそれでいいと思います。

つまり一部の方にはデメリットになりえるけど、僕みたいな趣味で楽しんでる人間にはメリットしかないんです。

オススメの拡張パック

これは正直ジャンルによるからめちゃくちゃ悩むけど僕はStudioPOPStudioRockMETALばっかり使ってます!POPとRockは似てはいるんだけどスネアの軽い感じが欲しいときはPOPの使ったりと重宝してます。METALはツーバスドコドコしたいときに。Fairfaxの2種も人気らしいけど確かに幅広く使えそうな音でした。
公式サイトでデモソングが聞けるからこれに関しては自分の好みに合うやつを好きに選びましょう!
更に言えばデモ版があるので使い勝手を試してみてください!

公式サイトからダウンロードできます(デモ版はタムの音がなかったはずなので注意)

DAW付属のものしか使ったことない状態でAD2のデモ版使うとキックとスネア鳴らすだけでも感動するから興味ある人は本当にはやく試してさっさと買って幸せになろう。

まとめ

初めての音源に迷ったらAddictiveDrums2買って後悔することはないと思う。
仮にあとでもっと音を作りこみたいってなって大容量ドラム音源を購入してもAD2の使い道ってなくならないんですよね。PCへの負荷が少ないからAD2でデモ作って最終的に差し替えたりも当然できるし。

それと、手軽で派手な良い音っていったけど慣れてきたらリバーブのかかり具合くらいは曲に合わせていじってみるともっと良くなると思うので試してみてください。