プリセットベースのアンプシミュレーターSTL TONE HUB レビュー

ギター,プラグインSTLtones,アンプシミュレーター

アンプシミュレーターの沼からそろそろ抜け出したいところなのですがSTL TONE HUBを購入してしまいました…。
簡単にいうとソフトウェア版Kemperのようなイメージで、プリセットベースのアンプシミュレーターなんですがなかなか音も良く面白いのでちょっと紹介したいと思います。

STL TONE HUBの特徴

ソフトウェア版Kemperなんておおげさなことを言いましたが、STL TONES自体もともとKemperやAxeFX向けにリグのパックを販売していて、そこで培われたプロファイリング技術が活かされているのがTONE HUBです。

音の傾向としてはSTLtones自体もともとHR/HM寄りのディベロッパーなイメージなんですが、モダンなハイゲインアンプ系が充実してますね。クリーン~クランチのプリセットももちろんあるんですが、付属しているプリセットではちょっとウーンって感じでした。
試しにDiezelVH4のプリセットを使用してみたので聞いてみてください。何もいじってません。

色々プリセット触ってみたけどこういうのは得意。
ただ、後述するプリセットベースなこともあって追加のプリセットパックを買えば割となんでもいけそうではあります。

プリセットベースのアンプシミュレーター

これの面白いところはアンプやキャビネット・マイクだけではなく、ギターやピックアップの特徴までもトレースされてるところ。

この画像はToneHUBのプリセット選択画面なんですが、見てもらうと分かるようにギターやピックアップの名前も一覧に出ています。このギターでこのピックアップでこのアンプとキャビとマイクを使った時の音!っていう非常に細かいトレースが為されています。

そうは言っても所詮トレースなんだからハムバッカーの載ったギターを繋いでもストラトのシングルコイルの音は出ないでしょ?って思うだろうし、僕もそう思ったんですけどなんとなくシングルコイルっぽい雰囲気は出るんですよね…ちょっと聞いてみてください。

もちろん本当にシングルコイルで弾いたものとは別物なんですけどちょっとそれっぽくないですか?
雰囲気だけでもほしいって時にはめちゃくちゃ便利だなーって思いました。

プリセットベースのデメリット

メリットでもありデメリットでもあるところなんですが、プリセット次第ってところでしょうか…
追加のプリセットは有名なプロデューサーの作成したもの等がたくさん販売されていますが、それなりのお値段はするので吟味して追加していきたいところです。

プリセット次第な理由として、音作りの調整幅の少なさがあげられます。

プリセットを読み込んでアンプとキャビネットをいじったり、STOMPを追加したりすることはできるんですが、このアンプ部分について。
実はプリセットの段階でローゲイン・ミドル・ハイとゲインの量がプリセットの段階で既に分かれています。
ローゲインのプリセットでアンプ部分のGAINをあげたら同じアンプのハイゲインのプリセットと同じになるかっていうとそういうわけではなく、「ローゲイン」の括りの中でGAINの調整ができるっていう感じなんですね。

他のアンプシミュレーターがアンプとキャビネットをポンっと渡されて好きに音を作って良いよ!っていうのに対して、こっちはプリセットを利用してあとは自分のギターや弾くものに合わせて調整するっていうイメージ。

その他の機能と気になったところ

・STOMPセクション
定番の緑のやつがいる安心感。

・キャビネット
合うようにマイクの角度いじってRESONANCE調整すると良かった

・イコライザー
EQのQもいじれたり細かく周波数帯も選べるけどDAW側でかけたほうが見やすいし特別これを使う理由はないのが正直なところ

・エフェクト
使う人は使うディレイとリバーブ
ディレイありきのフレーズじゃない限り僕はDAW側でかけちゃう。

その他で気になったところとしては…

・UIが見やすい。プリセットの名前や種類のカテゴリー表示順を変えられたりとブラウザ部分は使いやすい。

・キャビ部分に関してはOFFにはできるけどIRが読めない。

・ベースで使うなら追加のプリセットパックは必須。付属のものは4つしかない(アンプモデルは1種)

こんなところ感じでしょうか。

まとめ

おすすめなの?って言われたらプリセットパックの内容とか見て気になるものがあるなら買いだと思う。
何度もいいますがプリセットベースのアンプシミュレーターなのでそこに気になるものがないと微妙に感じてしまいそう。
付属のプリセットも十分良いんだけど、買うならプリセットパックは試すことができるから色々試して気になったものを本体と一緒に買うのがオススメです。

それと、2つ目のアンプシミュレーターとしてはめちゃくちゃおすすめしたい。楽しい。
やっぱり既存のアンプシミュレーターと特徴が全然違うのもあって、ギター1本でも色々な音をトレースして出すことが出来るっていうのは便利。1つ目のアンプシミュレーターとして購入しても良いとは思うんですけど、色々なアンプを試しながらつまみぐるぐる回して楽しいあの感覚とはちょっと別物だなーって印象。

気に入るプリセットさえ見つかれば音も良いし強い味方になるんじゃないでしょうか。

実は個人的に購入した理由としてKemper vs ToneHUBっていう趣旨の動画を見ておおーすげー!!って勢いで買ったんですよね…(笑)手軽だし音良いし買って良かったなーと思う反面、気になるプリセットが色々あってここから更に沼だな…!!と思ってます……。

10日間はデモで利用できるので、購入する前に試してみてください。
公式にプリセットパックのそれぞれのサウンドも動画で掲載されているので見てみると良いと思います。

STLtones公式