AI機能付きリバーブ sonible smart:reverb レビュー

プラグインDTM,リバーブ

リバーブの調整に苦労してませんか?

今どきのリバーブプラグインはその調整を全部自動でやってくれるらしいですよ…というわけで、個人的にもミックスの作業の中で一番苦手なリバーブの空間調整なんですが、同じように苦手って人結構いるんじゃないでしょうか。お風呂みたいなリバーブになっちゃったりかけすぎに気をつけると今度は物足りなかったり。

そんな調整を自動でやってくれるということで買ってみたので今回紹介していきたいと思います。

AI機能って実際のとこどうなの?

この手のプラグインを利用したことがある人はよく分かるんじゃないかなーと思いますが、完全に自動で良い感じのリバーブをかけてくれて楽曲にフィットする!!って事は基本的に無いです。
素材に合ったリバーブを自動でかけてもらって、それを手動で楽曲に合うように調整するといった感じですね。

ただ、自動でかけてくれる部分はちゃんと素材の周波数帯域とかを考慮してかけてくれているので時短になるしリバーブのかけかたがいまいち分からないよって人は便利に使えると思います。

smart:reverbの基本的な使い方

使い方は簡単で素材の種類(Vocal,スネア,ギター等)を選んで元の素材を再生しながら左上の録音マークをぽちっと押すだけで分析を始めてくれます。

次にこのXYパッドを利用してリバーブのキャラクターを決めていきます
natural:自然で暖かみのある響きで一般的に聴くリバーブはこちら寄りかなと思います
artificial:人工的なという意味で、ちょっと硬いというか独特なリバーブ感でした
intimate:親密なという意味のパラメーターでこちら側に振ると馴染みの良いリバーブになります
rich:豊かなリバーブ成分がほしいときはこちらに振りましょう

下にある数字のパラメーターは
Width:リバーブの広がり
Color:リバーブ成分の明るさの設定 上げるほど明るくなっていきます。
Clarity:これを上げていくと元の素材との被りを減らしてトラックの濁りが回避できます。


このXYパッドと連動して画面右側のリバーブ成分の時間軸に関わるパラメーターが連動して調整されます。

上は周波数帯域と時間軸のDecayのパラメーターと、下は全体の調整になってます。
XYパッドを調整せずにこちらのパラメーターだけいじる事も出来ますが、基本的にはここはAI任せで良いのかなーと思ってます。必要があればSpreadでリバーブの広がりを出してあげたりと好みに調整してください。

最後(最初に設定しておいても良いと思います)にリバーブタイムとプリディレイの設定と、DryWetの量を調整して基本的な設定はおしまいです!
ここは自動で設定してくれないので自分でいじる事になるんですが、初期状態のプリディレイ0msは濁りの原因になりかねないので気をつけてください。

まとめ

全自動ってわけじゃなく自分で設定する部分も当然あるんですが、それでも便利なプラグインだと思います。
リバーブの基礎知識があってプリディレイやリバーブタイムの設定が出来てもその一歩先ってなかなかどう設定するのがいいのかな、素材によってどうしたら…なんて迷ったりうまくいかなかったりする事もあると思うんですが、そこを解決してくれる良いプラグインだなーと思いました。

それと、自動でかけることで悪くなったと思うことはないですね…元の素材にも勿論よるんだと思いますが使っていて今の所音の破綻を感じたことはありません。

AI機能が目的でなくとも右側のリバーブ成分の時間軸をいじって細かい調整も出来るので便利かと思います。
ただ、所謂ルームリバーブとかホールリバーブとかそういったかけ方が出来るわけではないので気をつけてください。自分のかけたいリバーブが明確になっているなら別のプラグインのほうが上手くいくかもしれません。